金融リテラシーを高め節税に貢献する為のAmazonサービスの活用法

前のページへ戻る

金融リテラシーとKindle Unlimited

金融リテラシーを高めるKindle Unlimited

現代社会は経済が中心になっており、経済に関する知識が無ければ日常生活でも支障をきたす場面が増えてきています。経済の動きは金融と密接に関係しており、特に個人で資産運用を行う場合は金融についての知識が求められます。しかし、学校や職場で金融に関する講義が行われることはほとんど無いため、金融の知識を得たい場合は自分で勉強しなければなりません。そこでおすすめの方法が、AmazonのKindle Unlimitedで金融リテラシーを高めることです。

金融の知識を自分で身に付けるためには、専門書を読むことが大切です。一般的な経済誌や経済雑誌を読むことでもある程度の知識は身に付きますが、それは経済ニュースを理解したり為替や株の値動きを見る程度のレベルにしかなりません。自分で資産運用を行えるレベルになるには、金融について書かれている専門書を読む必要があるのです。

しかし、金融の専門書は数多くの書籍が出版されていることに加え、著者の立場や意向が顕著になっていることがあります。経済で例えるとマルクス主義やレーニン主義のような考え方が金融にも存在しており、著者の考え方によって書籍の内容が偏っていることも珍しくありません。加えて、専門書は一冊の値段が高くページ数があって内容も濃いため何冊も読み比べて自分が求める内容の書籍を探し出すことが非常に難しいのです。

Kindle Unlimitedの主な活用法

そこで、AmazonのサービスであるKindle Unlimitedを利用すればそういった問題が全て解決します。Kindle Unlimitedは電子書籍が読み放題になる定額サービスで、毎月の料金を支払えばKindle Unlimitedに用意されている全ての書籍を読めるようになるのです。定額サービスなので金銭的な問題が生じることもなく、さらに電子書籍であるためタブレットにダウンロードして自宅だけでなく外出先でも時間があるときに読むことが可能です。金銭的な問題と時間的な問題を解決してくれるのがAmazonのKindle Unlimitedなのです。

また、Amazonでは書籍について読者のレビューが投稿されており、そのなかで読者が読んだ書籍が紹介されていることがあります。その書籍がKindle Unlimitedに登録してあればすぐに読むことができ、さらに読者のレビューを読んで新たな書籍を見つけるという循環によって常に金融に関する新たな書籍を読み続け、金融リテラシーを高められるのです。

編集部 担当デスク B