節税オンラインは、節税の基礎知識をはじめ、節税の種類を細かく紹介する、節税のための情報サイトです。

突然税理士を探すことになった!選ぶ方法のいくつかをご紹介

前のページへ戻る

1つを選ばなければならない

税理士を探さなければならない状況の時

会社を立ち上げた時、親が亡くなり相続が発生した時など、税理士の先生を探さなければいけないタイミングがあります。普段から税理士との交流を持っていない人がほとんどでしょうから、いざと言う時にどうやって先生を探せばいいのか困ってしまいます。

余談ですが、急に親が亡くなって葬儀屋を探さなければいけない時に似ています。たまたま依頼した葬儀屋から後日届いた請求書を見てビックリ、なんてことを経験したことがある人もいるでしょう。事前に複数の葬儀屋から見積もりをもらっているほど、準備のできた人はほとんどいません。

税理士を探す方法

話を税理士の探し方に戻します。
税理士の先生を探さなければいけなくなるのが分かっている人は、早めに情報収集を始める必要があります。

一番いい方法は、知り合いの紹介でしょう。周りに知り合いの経営者がいたら、その人の税理士がどのような人か聞いてみましょう。「すごくいい先生だよ」という話が聞けたら、その先生を紹介してもらいます。ただし、紹介してもらうとその後断りにくくなるのも事実です。ですので、あくまでも情報収集の一環としてさり気なく顧問税理士の評判を聞き出す必要があります。

まわりに税理士を紹介してくれそうな知り合いがいない場合は、他の方法を考えます。まず大切なことは、会ってフィーリングや知識などを確認することです。

会って確認するとなると、面談に事務所を訪れるしかないと考える人が多いと思います。しかし、税理士の先生に会えるところがあります。それは、確定申告の時期に各地で行われている「税務相談会」です。この税務相談会は、名称の違いこそあれ、似たようなことを各税務署で行っています。そこには、無償で相談にのってくれる税理士がいます。

タイミングが大切

会社を立ち上げる前は、フリーランスや個人事業主として仕事をしている人も多いでしょうから、そのタイミングで税務相談会に出向き、親身に相談にのってくれる人や、フィーリングの合いそうな先生を見つけるのです。女性の経営者なら、同じ女性の先生を探すのもいいでしょう。

ネットではなかなか難しい

直接お会いする機会がない人は、ネットで情報を収集するのもいい方法です。ただし、この方法だと時間がかかりますし、数多くいる税理士の一部しかピックアップできないでしょう。それも、Googleなどの検索エンジンで調べると、だいたいお金をかけてSEO対策しているような事務所が検索に引っかかります。必ずしも優秀な税理士が検索に引っかかるわけではないことを理解しておきましょう。