節税オンラインは、節税の基礎知識をはじめ、節税の種類を細かく紹介する、節税のための情報サイトです。

節税だけが目的なの?経理が大切な理由を1人で考えてみた

前のページへ戻る

経理を考える

本来の経理の役割

経営者の中には、経理は税理士の先生に任せればいい、と考えている人も多いです。税理士の先生も「経理のことは任せてよ」と言うものですからなおさらです。なぜ、税理士なのでしょうか。

税理士の大きな仕事の1つが、決算書を作成して税務申告書を作成することです。顧問税理士を抱えていないベンチャー企業や1人で会社を経営している人でも、決算書作成と税務申告の仕事だけは税理士に任せる人が多いのではないでしょうか。

決算書を作成するにあたり、それまでの1年間にわたり毎月の領収書を貯めておきます。貯めた領収書をもとに、1年分の仕分け入力を税理士が代行してくれます。

つまり、税理士に任せるということは、自分は領収書を集めればいい、お金の流れを記帳しておけばいい、と言うぐらいに考えている経営者が多いように思われます。

ここでお伝えしたいことは、経理は税金を計算するためだけに存在するのではない、ということです。

この認識を改めることで、経営者が経営者らしく成長することができるのではないでしょうか。

では、経理とは税金の計算以外にどんな意味があるのでしょうか。いくつか挙げてみます。

お金の流れ

経理を自分で行うことで会社のお金の流れが具体的に把握できるので、資金不足になる兆候をかなり早い段階で把握することができる。つまり、黒字倒産などを防ぐことができます。

コスト削減

お金の流れを把握することができれば、とうぜん無駄な支出に対して敏感になります。コピー代金をとっても、無駄が積み重なると小さな企業にとっては大きな支出になるでしょう。きちんと帳簿をつけることで、月次比較をすることが可能です。月次比較とは、前月や前々月の数字と今月の数字を比較することで、そこから異常値を発見し、異常値に対して対策を打つことができます。社員が仕事のためと思って購入を始めた備品が、思わず高額で、経営者の視点からビジネスに必要と判断できれば、その時点で備品の購入をストップさせることもできるのです。

経理は経営にとって必要不可欠

結論は、経理は自分で行う。経理は税金を計算するためだけに行うのではない。経理をしっかり行うことで会社は強い体質に生まれ変わる。

経営を続けていくと、銀行と対峙することもあるでしょう、ビジネス相手と折衝することもあるでしょう。その時に自分の会社のことを知らない経営者が登場したら。。。きっと相手から舐められ、思わぬ落とし穴に落ちかねません。経理は経営にとって必要不可欠です。