基礎知識

前のページへ戻る

皆様は節税対策はされていますか。
昨今、あらゆる税金が値上がりし、収入の下げ圧力が強い中では、「適切な」節税対策は必須です。

節税は、決して違法な行為や不当な方法で行うものではなく、払うべき税金を適切な額、適切な時期に、適切なものに払うという、税の最適化です。

税金を最適化する事で、貴社の事業におけるウィークポイントや強みがより分かるようになる事もあります。
日々なんとなく払っている経費にも注意が行くようになり、経営改善の手法として、全ての企業が取り組むべきものと考えます。

節税オンラインでは、漠然と節税と言われるものに対して、より細かく細分化しチェックシートを作り、どなたでも簡単に税の最適化が出来るようにお手伝いさせて頂きます。

また日本にある節税方法を全て網羅し、このサイトを見れば適切な節税が出来るように、情報発信して参ります。

それぞれの方法についてご質問がありましたらお気軽にご連絡下さい。

■節税の基礎知識
ここでは、具体的に税金の種類をピックアップしていきます。
税金は、払うべき場所(国税、地方税なのか)で大きく分類する事が出来ます。地方税はさらに、都道府県民税、市町村税に分ける事が出来ます。
また税金の納め方においても、直接税、間接税と分ける事が出来ます。

法人であるか、個人であるかの別もありますが、このサイトをご覧に頂いている個人の方は、法人化をお勧め致します。
やはり税制上有利なのは法人です。
法人化、資産管理会社の方法やスキームについては別のコラムなどをご覧下さい。
まずは以下、具体的な税金を記述していきます。

所得税・法人税

所得に比例して支払う必要があり、税金の中でも大きなウェイトを占めます。
所得税・法人税は、事業を行う法人の場合は適切に払った方がトータルの収益が改善する事もありますので、特にコントロールが必要になってきます。

事業所税

事業所の希望に応じて支払う額が変わり、地方税法で定められた都市だけで課税される市町村税です。
節税方法は少ないですが、事業規模と密接に関わるため、事業戦略とも影響する税金です。

相続税

亡くなった方の財産にかかる税金で、昨今はこの相続税に関する税率や特例は頻繁に変わっています。
個人の対策としては多くの方が影響する税金で、色々な手法を用いて相続税の圧縮が図られています。
特例を利用した対策を除けば、不動産による相続税評価の圧縮、タワーマンションによる節税は有名です。

贈与税

人から財産を無償で譲り受けた際に課せられる税金で、各種の控除があります。

住民税

前年の収入に応じて治める税金です。課税額の決定と支払日にタイムラグがあるため、所得が上がった年は特に注意しなければなりません。
住民税の分を貯めておかないと、支払いが行えず財産差し押さえが発生する事なども頻繁にあります。

固定資産税

土地・家屋などの保有する資産に応じて加算される税金です。課税標準額という各市町村が調査した資産の1.4%が課税されます。

自動車重量税

検査自動車及び届出軽自動車に対して課される税金です。

自動車税

4月1日に自動車を所有していた人に、都道府県自治体から課せられる税金です。

軽自動車税

4月1日に軽自動車を所有していた人に、市町村から課せられる税金です。

酒税

酒類に課せられる税金です。基本的には、アルコール度数の高い酒類ほど税金が高くなりますが、とりわけビールだけが高くなっています。こうした流れから「第三のビール」などと呼ばれる、ビールの風味をもったお酒が作られることとなりました。但し、第三のビール等にも課税強化をする動きが強まってきています。

たばこ税

タバコに課せられる税金で、販売価格のうち65%が税金となっています。国や都道府県、市区町村、特別税、消費税等、多くの税金が課せられています。

ガソリン税

ガソリンにかかる税金で、「揮発油税」と「地方揮発油税」の二種類があります。「揮発油税」とは、製造所から持ち出される場合や輸入されたガソリン等が引き取られる際に課せられる税金です。地方道路税もこのガソリン税に含まれています。

印紙税

課税物件に該当し、定められた文書に対して課される税金です。一般的には領収書や業務委託契約書などに貼られることが多いものです。
1号から20号までの該当文書があり、文書作成者が課税義務を負います。
領収書を分割して3万円未満にして印紙代を節約したりすることもまま見られます。
また最近は、弁護士ドットコム等が提供するウェブ契約書サービスも出てきており、印紙代が必要ない契約方法も一般的になってきました。
このような部分でも節税を実現する事ができます。