節税オンラインは、節税の基礎知識をはじめ、節税の種類を細かく紹介する、節税のための情報サイトです。

節税方法色々

前のページへ戻る

節税方法

税金はしっかりと計算して適切な金額を納めるようにすることが大切

税金は収入に応じて国や地方自治体に納めなくてはならない、私たち国民の義務の1つです。
しかし たくさん納めれば良いというわけではなく、しっかりと計算して適切な金額を納めるようにすることが大切です。
納めすぎていては生活が厳しくなってしまいますし、手元にお金がなかったことが原因で新しい事業をスタートできなかったり、自己投資ができなかったり、支払いができないことで信用力を失ってしまう可能性もあります。

控除をうまく利用して節税

税金を賢く節税するためにはどのような手段があるのでしょうか。
節税するためには控除をうまく利用しなくてはなりません。

まずすべての国民に等しくあるのが38万円の基礎控除です。
会社員やアルバイトなど、雇われている人の場合は給与所得となり、年間65万円の給与所得控除がついています。

自営業者の場合は事業所得となるため、控除はついていません。
自分で経費を計算して経費に計上した分が課税対象額から差し引かれます。
たくさん経費がかかっていれば所得税や住民税は大きく減少します。

しかし所得が低いことによって金利の有利なローンが組めなかったり、クレジットカードの審査で落ちやすくなってしまうなどマイナス面もあることを把握しておきましょう。

様々な節税方法

総合課税には雑所得控除が20万円ついています。
つまり20万円までであればネットで簡単なお小遣い稼ぎをして収入を増やしても、税金を納める必要がないのです。
この枠を上手に使えるように、ネットで記事を書いたり、ポイントサイトを利用するなど、雑所得を得るのも良いでしょう。

海外のFXを利用するのも良いでしょう。
国内のFXの場合は申告分離課税となりますので、確定申告の難易度が高くなってしまいます。

保険料も大きな控除になります。国民年金、健康保険、地震保険や生命保険が控除の対象ですので、しっかりと支払いをしていれば毎年数十万円課税所得が小さくなります。
生命保険、介護医療保険、個人年金で年間12万円の控除になります。

最近流行りのふるさと納税も良いでしょう。正確にはふるさと納税は寄付金控除という扱いになります。その納めた地方の特産物をもらえることもあるので、非常にお得な節税方法の1つです。

ローンで住宅を購入した場合、住宅ローン控除を受けることもできます。ただし条件がありますので、当てはまっているかどうかもチェックしておきましょう。

また、最も大きな税金が「相続税」です。生きているうちに贈与する場合(生前贈与)、年間110万円までは非課税です。大事な資産を少しでも次の世代に残せるように、この非課税枠は早めに利用を進めると良いでしょう。