小規模企業共済とは

前のページへ戻る

小規模企業共済

節税と脱税の違いとは?

節税は脱税とは違います。
脱税は、わざと申告納税額をごまかすことです。

例えば、売り上げが1億円もあるのに、わざと売上金額を過少に申告したり、売上除外する方法などにより、申告納税額をごまかす方法です。
この他にも、架空仕入れの計上や相手方に圧力をかけて加算させて売上計上させる方法など、やりようはたくさんあります。

節税は法律に決められた範囲の中で、所得金額を抑える方法

この他にも、外注費の架空計上や過大計上などがあげられます。
事業や不動産所得のある者については、経費を誤魔化す方法が一般的です。中には、支払経費の領収書のない金額を計上したり、証拠のない経費計上があります。
故意に申告納税額を圧縮していた場合、税務調査でこうした内容がわかった場合には、本来納付すべき税額に重加算税が賦課されます。この加算税率は35~40%になっています。
事業所得や不動産所得の計算上、売り上げや経費をごまかすことで税額をごまかすことができますが、それ以外の方法として、所得控除額のごまかしがあります。
扶養者に一定金額の所得があるにもかかわらず、所得がないようによそおって、扶養控除や配偶者控除を受けているケースが少なくないのです。
他にも、医療費控除の不正があります。

領収書の改ざんや病院の領収書に該当しないものを計上しているケースがあります。

小規模企業共済のごまかし

小規模企業共済のごまかしもあります。
この所得控除を受けるためには、支払った領収書の申告書への添付等が控除を受ける条件になりますが、この領収書がないのに控除申請をしているケースもあるのです。

この小規模企業共済は社会保険料控除と内容が似ています。不正の内容も同じケースが目立ちます。
脱税は、こうした故意に不正をすることですが、節税は法律に決められた範囲の中で、所得金額を抑える方法です。

個人事業者なら青色申告特別控除

個人事業者であれば、事業の実態を記帳し、支払った原子記録もきちんと残すことで、青色申告特別控除を受けることができます。この青色申告特別控除は所得金額から65万円を控除することができるのです。
この65万円という金額は、住民課税までを考慮すると大きな金額であります。
この他には、親族に支払った給与は原則経費計上できませんが、届出範囲であれば支払った金額を経費計上できるのです。こうした特別控除や専従者給与の認定は、青色申告の特典であるといえます。
この他には、減価償却の特別償却があります。
決められた以上のペースで経費計上できることで、経費計上だけでなく、買い替え需要も期待できるのです。

編集部担当デスク C